• 290 views

【開催レポ】『幻のはちみつ』親子で採蜜見学会|絶好の秋晴れのなか、サイコーに楽しめました!

【2019.10.22(火)】に開催しました『幻のはちみつ』親子で採蜜見学会。
当日は絶好の秋晴れで、午前の部・午後の部ともに存分に楽しめる体験プログラムとなりました。

それでは当日の様子をどうぞ。

【午前の部】は、絶好の秋晴れでスタート!心地よい緑の中で充実の採蜜見学会でした。

キレイな青空が広がる気持ち良い山あいの朝。
【午前の部】の昼食会場でもある「リーバーサイドカフェ 蒼空」に集合し、採蜜現場へ皆さんで徒歩で移動します。

特別な場所に設置されている今回の巣箱、小川沿いのあぜ道を進んでいきます。草丈は大人でもひざ上ほど。こんな道を歩くこともなかなかないですよね。

こちらが今回採蜜を行う巣箱。日本みつばちたちが元気よく迎えてくれています。

今回のプログラムでは、万が一に備えて「帽子・防虫ネット・手袋」のレンタルをご用意させていただきました。みつばち達に刺激を与えなければ、刺されることはほとんどないのですが、万が一に備えて。

講師の「福⑧堂」よしたけさん。

▼今回の講師『福⑧堂』のよしたけさんについての記事はこちら

大人にも子どもにもわかりやすく、事前説明とこれからのお楽しみをお話していただきました。

これは採蜜前のみつばち達の移し替えの様子。はじめは少し距離を置いていたお子さまも、こんな近くでみつばちを。興味津々です!

下から覗いてみたり…

間近で触ってみたり…

巣箱を持って、重さを感じてみたり。(今回の巣箱は大人でも簡単に持ち上がらない重さ!ハチミツぎっしりです!)

よしたけさんの採蜜方法は、巣箱にぎっしり詰まっているこのような巣板のうち、一部をみつばち達から“分けて”もらいます。採蜜ができるかどうかは、巣箱をひっくり返してみないとわからないとのこと。ハチミツが少なかったり、蜂の子がたくさんいるときは採蜜は行いません。日本みつばちの生態を考慮し、状況を見極めます。

今回の巣箱はハチミツたっぷり。みつばち達に分けていただきます。

実際に蜂の巣を触って、持ってみよう!すでに指にはハチミツがたらりと(笑)

太陽に透かすとキレイなハニカム。お土産としてお持ち帰りもありました。

なんと、採れたてをさっそく試食!濃厚濃厚!

部分によって味が異なるのか、ちょっと苦かったかな?(笑)

終わりの頃には、素手で触れちゃうほど日本みつばちが好きになったみたい!奇跡的にどんどん孵化してくるみつばちの子どもたちを巣箱に渡している様子。慣れると小さなみつばち達が可愛く思えてきますね。

採蜜見学の終了後は、参加者の皆さんでランチタイム!

今回のランチ会場は「リバーサイドカフェ 蒼空」さんを貸切りでご用意。

ランチの前に、今回の特典である『福⑧堂』のハチミツを参加者の皆さんへプレゼント!採蜜の様子を理解した上で味わうハチミツはひと味もふた味も違うはずです。『福⑧堂』さんのこだわりの書も付いており、ばっちり復習もできますね。

気持ち良い風が吹き抜ける落ち着いた店内で、先ほどの見学のことやいろんなお話をしながら参加者同士の交流も楽しめましたね。

【午後の部】は、焚き火&野遊びもあり!夕暮れ時まで時間を忘れちゃうほど楽しみました。

【午後の部】は、牧場跡地で採蜜見学会。こちらの会場は、ただいまキャンプ場&農園としてリニューアル中の施設。

こちらのみつばち達は少しおとなしいかな?
こちらでもよしたけさんの説明とお話を交えながら、間近で見学を行います。

ちょっと怖いかな?

巣板を取り出して間近で見学。ちょっと近づけたかな?

実際に触ってみて感触を確かめてみたり、蜂の巣の構造をじっくり観察してみたり。

持ってみたり。匂いを嗅いでみたり。

興味津々、こんな近くで覗けるように!

残念ながら…こちらの巣箱から採取できたハチミツはこれだけ。

これも自然とこの巣に住む日本みつばちの生態の結果。誘引剤や人工的なエサなどを使用しない、本物のハチミツはそうそう簡単に採れるものではありません。

なんとこのハチミツは、後ほどの贅沢な美食となります!

採蜜見学会の後は、キャンプ場予定地として改修中の敷地内で、おやつ&野遊びタイム!

今回のおやつは、豊後森機関庫公園前にあるカフェ「ヤトカコーヒー」さんのハニートースト。『福⑧堂』のハチミツを贅沢につかった人気のメニューをテイクアウトでご用意。炭火の熱で温め直して、アツアツをいただきます!

さらに、採れたてのハチミツを贅沢にドンッ!!!会場の雰囲気も良く、みなさんペロッと食べちゃいました(笑)

そして、焚き火&焼いも!

こちらも採れたてのハチミツをトッピング!贅沢!!

焼きたてのホクホク焼いもに濃厚な甘さのハチミツが相性バッチリ!クセになる美味しさでした。

お腹いっぱいになった後は、みんなで自然を楽しみました。

木の枝や葉っぱを拾い集めて…

焼く!焼く!

焚き火や火遊びってなかなか出来ないですよね。お子さまたちにとっても貴重な経験ですね。

日が暮れるころまで、焚き火を眺めながらおしゃべりしたり、のんびりしたり。「これぞ有意義な休日」と言っていただいた、あるお父さんの言葉が印象的でした。

山あいの絶好の秋晴れの一日。とても素敵な『親子・家族時間』を過ごすことができました。

ご参加いただきました皆さまの『最高の思い出』となれますと幸いです。

関連記事一覧

PAGE TOP